[新装版]多様体とモース理論
横田一郎 著
ISBN978-4-7687-0461-5
A5判 / 203頁 / 2,300円 /

分類 : 幾何学  在庫状況 : 有
Morse理論を易しく、詳しく、丁寧に解説. Morse理論は、多様体上にMorse関数と呼ばれる関数をつくってその臨界点(微分として0となる所)を求め、その僅かしかない臨界点のまわりの状態 を調べることによって、多様体上の胞体構造のホモトピー型を決定する理論である。 本書を読むのに必要は予備知識は次のものに限られる. 位相空間、開集合、閉集合、閉包、内部、近傍(近傍はつねに開集合とする)、Hausdorff空間、可算開基をもつ(第2可算公理)、コンパクト、局所 コンパクト、連結、連続写像、同相写像



書籍の検索
書名に を含む
または   かつ
著・訳・編者名に を含む
[前のページに戻る]
価格は消費税別です
TopPage 新刊書の御案内 月刊理系への数学 書籍の検索 注文の仕方 常備書店の一覧 書籍関連
LINK
Copyright 2000-2008 Gendai-Sugakusha. All rights reserved.