絶対数学原論 
黒川信重 著
ISBN978-4-7687-0456-1
A5判 / 204頁 / 2,300円 /

分類 : 数学一般  在庫状況 : 有
絶対数学は、リーマン予想の解決を目指して、21 世紀になって本格的に研究されるようになった新数学です。本書は絶対数学をはじめから解説します。
 絶対数学が通常の数学と違うのは「一元体」という、もっとも単純なところから数学を見るという点です。数学最大の難問と言われるリーマン予想には、なかなか到達できないのが現代数学の現状です。何かが足りないのです。そこを突破するために、まったく新しく考え出されたのが、根本の一元体から始める絶対数学なのです。
 本書の基本は1×1=1 という、とてもやさしい計算からはじまっています。この
ように、現代数学を絶対数学から反省して見ますと、今まで未知だった大きな数学領域が見えて来ます。
 数千年の長い歴史を持ち最古の学問と言われる数学ですが、日々進化しています。本書では、絶対線形代数と暗号の関係など、日常生活で気付かずに使っていることも扱っています。
 絶対数学原論は、最新の現代数学であると同時に、最深の現代数学でもあります。(著者より)



●内容

  1. 絶対数学に至る道
  2. 一元体
  3. 和のない世界
  4. 絶対体
  5. 絶対ゼータ関数論
  6. 絶対線形代数
  7. 絶対極限公式
  8. 絶対自己同型と暗号
  9. 絶対導分
  10. 絶対・三角・ゼータ
  11. 絶対オイラー積
  12. 絶対保型形式
書籍の検索
書名に を含む
または   かつ
著・訳・編者名に を含む
[前のページに戻る]
価格は消費税別です
TopPage 新刊書の御案内 月刊理系への数学 書籍の検索 注文の仕方 常備書店の一覧 書籍関連
LINK
Copyright 2000-2008 Gendai-Sugakusha. All rights reserved.