カントル/神学的数学の原型
落合仁司 著
ISBN978-4-7687-0392-2
四六判判 / 127頁 / 1,800円 /

分類 : 数学一般  在庫状況 : 有
双書7・大数学者の数学シリーズ
カントルは集合論という無限とその限界を対象とする数学を創始した数学者である。その集合論が神学に新しい言葉を与えた。カントルはそのことを充分に自覚していた。
これまであまり語られることのなかったカントル像である。
カントルの集合論は現代の公理的集合論、論理学の一部としての集合論の源流として語られることが多い。しかしカントルの集合論は現代の論理学に吸収し尽くせるものではない。
カントルの集合論は現代の位相幾何学、一般位相幾何学のみならず代数位相幾何学にも濃い陰影を落としている。
本書では神学に数学の言葉を与えた初めての人としてゲオルグ・カントルを描く。
また、神学にカントルが与えた新しい言葉は現代の位相幾何学が依然として与え続けていることを踏まえ、カントルを位相幾何学の嚆矢と描くことにより、現代の位相幾何学が現代の神学の言葉の源泉となっている事情を詳らかにする.



内容
  1. 超限数Transfinite Numbers
    後続数successors
    超限数transfinite numbers
    無限遠点point at infinity
  2. 濃度 Power
    濃度power
    非可算性nondenumerability
    リーマン球面Riemann sphere
  3. カントルの神学Cantor's Theology
    現実的無限actual infinite
    神God,数理神学mathematical theology
  4. 一般位相幾何General Topology
    位相空間 topological spaces,
    立体射影stereographic projection,
    球面spheres
  5. 代数位相幾何Algebraic Topology    
    射影空間projective spaces,
    無限遠超平面hyperplane at infinity,
    ホップ写像Hopf map
  6. 位相神学 Topological Theology    
    救済論soteriology,
    終末論eschatology,
    ホモロジーhomology
書籍の検索
書名に を含む
または   かつ
著・訳・編者名に を含む
[前のページに戻る]
価格は消費税別です
TopPage 新刊書の御案内 月刊理系への数学 書籍の検索 注文の仕方 常備書店の一覧 書籍関連
LINK
Copyright 2000-2008 Gendai-Sugakusha. All rights reserved.