確率論の黎明
安藤洋美 著
ISBN978-4-7687-0369-4
A5判 / 300頁 / 3,200円 /

分類 : 確率  在庫状況 : 有
数学の多くの分野の中で,確率論はルネサンス以後に誕生した比較的新しい部類と思われていた.しかし、確率のモデルとなった賭博は有史以前から存在したし,確率概念は宗教や哲学の中にも垣間見える。本書はトドハンターの『確率論史』(2002年,現代数学社)に書かれていないカルダーノ以前の確率論史である.リスクの多い現代社会を生き抜くには,遠回りのように思われるが,昔の人々の賭博や確率に対する考え方,リスクを避ける方法の合理性の追求を知るのは必要である。本書はそれを教えてくれる昔の人々の知恵を多方面から考察したものであ




目次
 第1部確率論前史(1.賭けの精神 2.神意と占い 3.古代における蓋然論の概念 4.古代蓋然論の没落 5.中世:焦れったい時代 6.古代:中世の組合せ論)
第2部(7.マイモニデス 8.トマス・アクィナス 9.12世紀から15世紀までの西欧でのいろいろな研究)
第3部(10.カルダーノ 11.16世紀のいろいろな研究 12.ガリレオ・ガリレイ 13.1600年から1650年までのいろいろな研究 14.パスカル,フェルマー,
書籍の検索
書名に を含む
または   かつ
著・訳・編者名に を含む
[前のページに戻る]
価格は消費税別です
TopPage 新刊書の御案内 月刊理系への数学 書籍の検索 注文の仕方 常備書店の一覧 書籍関連
LINK
Copyright 2000-2008 Gendai-Sugakusha. All rights reserved.