数学の幸せ物語(後編)
清 史弘 著
ISBN978-4-7687-0348-9
A5判 / 172頁 / 1,600円 /

分類 : 数学一般  在庫状況 : 有
「幸せ物語」とは、高校数学を学ぶ高校生、その高校生に数学を教える広い意味での教育者および教育関係者、および高校生の家族の方を対象にした「数学の書」であり、数学を題材にした「本格的な物語」でもあります。
この本の中で使われる「幸せ」とは、そのほとんどは自分が見えていない人に使われる「幸せ」です。数学の学習者が「幸せな人」になってはいないかということを考えてもらうため、そして人によっては気がついてもらうために、そのような人が第3者の目線でどのように映っているかを描いてみました。さらに、数学の学習者が物語内の人物達が注意されているのを見て、自分もまずいのではと自分を見つめ直してもらうことも期待して描いてみました。

「幸せ物語」には「数学的な注意」の他、単なる要領ではない「数学の学習法」や、一般の数学の書あるいは受験本などでは得にくい情報も盛り込んであります。

読者の皆さんは「幸せ物語」の舞台となっている幸福高校の生徒になったつもりで、この「幸せ物語」の中に入り込んでもらえると著者としては大変うれしく思います。
(著者)



  • 第10話 これなら大丈夫
  • 第11話 暗中模索
  • 第12話 宝の持ち腐れ
  • 第13話 証先生倒れる
  • 第14話 短期的学習と長期的学習
  • 第15話 「知らないことお」と「わからないこと」
  • 第16話 公式には覚え方がある
  • 第17話 伝わらない
  • 第18話 競った仲間がいたから

前篇はこちら
「数学の幸せ物語」を映画祭多数受賞歴のある新気鋭監督・古新舜が映画化!
書籍の検索
書名に を含む
または   かつ
著・訳・編者名に を含む
[前のページに戻る]
価格は消費税別です
TopPage 新刊書の御案内 月刊理系への数学 書籍の検索 注文の仕方 常備書店の一覧 書籍関連
LINK
Copyright 2000-2008 Gendai-Sugakusha. All rights reserved.