微分位相幾何学
V.Guillemin/A.Pollack 著 / 三村護 訳
ISBN978-4-7687-0324-3
A5判 / 280頁 / 4,300円 /
1.多様体と滑らかな写像 2.横断性と公差 3.有向公差理論 他.
分類 : 位相  在庫状況 : 有
 本書の目的は微分位相幾何学への初等的かつ直観的アプローチを与えることである.本書で網羅するトピックは,今日では通常



ホモロジー関手やコホモロジー関手という大きい理論の副産物として,代数的位相幾何学の大学院における講義で議論される.本書は4章に分かれている.第1章は多様体と滑らかな写像の初等理論を含んでいる.第2章は多様体に境界を付け加えることから始まる.1次元多様体を分類し,Brouwerの不動点定理のHirschによる証明を紹介する.第3章では,公差理論を向きをもつ場合に再構成する.第4章では微分形式と積分を扱う.
書籍の検索
書名に を含む
または   かつ
著・訳・編者名に を含む
[前のページに戻る]
価格は消費税別です
TopPage 新刊書の御案内 月刊理系への数学 書籍の検索 注文の仕方 常備書店の一覧 書籍関連
LINK
Copyright 2000-2008 Gendai-Sugakusha. All rights reserved.