相関と回帰多変量解析への第一歩
A.エドワード 著 / 岩淵千明 訳
ISBN978-4-7687-0308-3
A5判 / 230頁 / 2,500円 /

分類 : 統計  在庫状況 : 無
 最初に単回帰分析を直線の方程式の準備をしながら導入する.数学上の証明などは注に回して,むしろ数値例とイラストで概念を納得させる.複数の変数を同時に処理する事例を通して行列代数を準備し,その上で変数を増やしながら,重回帰分析の解説に入っていく.多変量解析の出発点ともなる回帰分析の入門書としても好適である.とくに行列の苦手な方には絶好である.



第1章直線の方程式 第2章XへのYの回帰直線 第3章相関と回帰 第4章相関係数の大きさに影響する要因 第5章相関係数の特殊な場合 第6章相関係数の有意性の検定 第7章相関係数の特殊な事例における有意性の検定 第8章回帰係数の有意性の検定 第9章重相関と回帰 第10章行列と行列代数小論 第11章重回帰:一般的事例 他.
書籍の検索
書名に を含む
または   かつ
著・訳・編者名に を含む
[前のページに戻る]
価格は消費税別です
TopPage 新刊書の御案内 月刊理系への数学 書籍の検索 注文の仕方 常備書店の一覧 書籍関連
LINK
Copyright 2000-2008 Gendai-Sugakusha. All rights reserved.