グラフィカル多変量解析(増補版)
−目で見る共分散構造分析−
狩野裕・三浦麻子共著
ISBN978-4-7687-0284-0
A5判 / 293頁 / 2,900円 /

分類 : 統計  在庫状況 : 有
 数式をほとんど使わず、現代的な多変量解析といえる共分散構造分析を目で見て直観的に理解することを目的にして書かれている。
 この増補版は日本での需要に合わせ,LISRELの代わりにSASのCALISプロシージャをとりあげ,ソフトウェアのアップデート(AMOS4.0,EQS6.0)に加えて,潜在曲線モデルと二段抽出モデルを解説した。これらは,第二世代の共分散構造モデルといわれ,主に1990年代以降に開発された新しいモデルで,適用事例も増加しており,日本でも利用するユーザーが多くなると思われる.



  第1章 回帰分析
  第2章 AMOS,EQS,CALIS初体験:パス解析と多重指標分析
  第3章 因子分析
  第4章 共分散構造分析の基礎
  第5章 モデルの修正
  第6章 多母集団の同時分析と平均構造のあるモデル
  第7章 潜在曲線モデル
  第8章 二段抽出モデル
  第9章 共分散構造分析のまとめ
  参考文献 索引
書籍の検索
書名に を含む
または   かつ
著・訳・編者名に を含む
[前のページに戻る]
価格は消費税別です
TopPage 新刊書の御案内 月刊理系への数学 書籍の検索 注文の仕方 常備書店の一覧 書籍関連
LINK
Copyright 2000-2008 Gendai-Sugakusha. All rights reserved.