複素数と複素関数
栗田稔 著
ISBN978-4-7687-0277-2
A5判 / 204頁 / 2,600円 /

分類 : 関数論  在庫状況 : 有
複素数は数学全般の中できわめて重要な地位を占めており、初歩の代数方程式の理論においては、複素数はその中核をなしており、関数の理論においては複素数の立場から見ることによって、その本質がはっきりと浮かび上がってくることが多い。
本書は高校において複素数の基礎を学んだ人が、更に進んで複素数とその周辺のことを知りたいと望まれる場合に役立つことを目的に複素数と複素関数の初歩の部分をくわしく説明した。



1.複素数の定義 2.複素数と複素平面 3.1次関数 4.2次関数 5.指数関数 6.正則関数 7.積分定理 8.正則関数の級数展開 9.複素関数論の展望 補充
書籍の検索
書名に を含む
または   かつ
著・訳・編者名に を含む
[前のページに戻る]
価格は消費税別です
TopPage 新刊書の御案内 月刊理系への数学 書籍の検索 注文の仕方 常備書店の一覧 書籍関連
LINK
Copyright 2000-2008 Gendai-Sugakusha. All rights reserved.