群と幾何学
難波誠 著
ISBN978-4-7687-0240-6
A5判 / 280頁 / 2,900円 /

分類 : 代数学  在庫状況 : 無
 本書は群の基礎理論を述べた後,前半部分で図形の対称性を群で記述する事を論じる.後半部分では,主として基本群と被覆面の理論を解説する.ガロア理論の一種のモデルの話であるが,このような図形的な見方は本当のガロア理論を学ぶとき,その本質的部分に対する理解を非常に容易にする.本書は実例を最重要視する.場合によっては,証明をあたえない命題をのべるかも知れないが,そのような場合でも実例を示して理解を助けた.長々となされる証明を正面から追うよりも,実例を観察する方がより深く理解できることが多いからである.



第1章群の概念 第2章いろいろな群 第3章対称性と群 第4章部分群と正規部分群 第5章群の同型 第6章群の準同型 第7章くり返し文様と結晶群 第8章ユークリッド幾何学と射影幾何学 他.
書籍の検索
書名に を含む
または   かつ
著・訳・編者名に を含む
[前のページに戻る]
価格は消費税別です
TopPage 新刊書の御案内 月刊理系への数学 書籍の検索 注文の仕方 常備書店の一覧 書籍関連
LINK
Copyright 2000-2008 Gendai-Sugakusha. All rights reserved.