初めて学ぶ微分積分問題集
加藤明史 著
ISBN978-4-7687-0239-0
A5判 / 250頁 / 2,500円 /

分類 : 微積分  在庫状況 : 無
 本書は1変数,多変数および複素変数の関数の微積分学について,基本事項を簡潔に要項欄にまとめ,それに基本問題と適切な応用問題を集成したもので,巻末には懇切な解答を付した.問題は単なる難問や末梢的なものを避け,理論的にも重要な基本的良問を精選した.それらはすべて体系的に配置され,新しい用語にはすべて厳密な定義が付されているので,問題集全体が要項集としても役立つ.



[第吃遙永竸関数] 1.1次元点集合 2.関数 3.関数の極限 4.関数の連続5.数列と級数 6.導関数と微分 7.平均値の定理と関数の増減 8.高階導関数とTaylorの定理 9.定積分 10.定積分とその応用
書籍の検索
書名に を含む
または   かつ
著・訳・編者名に を含む
[前のページに戻る]
価格は消費税別です
TopPage 新刊書の御案内 月刊理系への数学 書籍の検索 注文の仕方 常備書店の一覧 書籍関連
LINK
Copyright 2000-2008 Gendai-Sugakusha. All rights reserved.