多変量解析の歴史
安藤洋美 著
ISBN978-4-7687-0235-2
A5判 / 208頁 / 2,500円 /

分類 : 統計  在庫状況 : 有
 多変量解析(multivariateanalysis)は,簡単に言うと,互いに相関する多くの変量のデータの持つ特徴を要約し,与えられた目的に応じて総合する統計手法を指す.本書では多変量解析の開拓者たちが,どんな問題意識をもって研究に取り組んだか,その足跡を辿ったものである.



1.ゴールトン 2.ゴールトンとウェルドン 3.エッジワース 4.カール・ピアソンの積率相関係数 5.ユールと救貧法 6.重相関係数と偏相関係数 7.相関比 8.精密標本論の誕生 9.標本相関係数の分布 10.フィッシャーによる標本相関係数の分布の研究 11.標本相関分布をめぐるいろいろな研究 12.偏相関係数と重相関係数の標本分布 13.ウィッシャート分布 14.ホテリングT2統計量
書籍の検索
書名に を含む
または   かつ
著・訳・編者名に を含む
[前のページに戻る]
価格は消費税別です
TopPage 新刊書の御案内 月刊理系への数学 書籍の検索 注文の仕方 常備書店の一覧 書籍関連
LINK
Copyright 2000-2008 Gendai-Sugakusha. All rights reserved.