代数学の歴史
−アル・クワリズミからエミー・ネーターへ−
ファン・デル・ヴェルデン 著 / 加藤明史 訳
ISBN978-4-7687-0220-8
A5判 / 440頁 / 4,800円 /

分類 : 代数学  在庫状況 : 無
 本書は,いわゆる“ネーター・ボーイズ”の一人として,自らも抽象代数学,代数幾何学,量子力学における群論的方法の発展に貢献したB.L.ファン・デル・ヴェルデンの名著AHistoryofAlgebraの翻訳である.本書は,第吃代数方程式,第局群,第敬代数(多元環)の三部構成をとっている.



第吃堯‖綽方程式 1.回教国の三人の著者達 2.イタリアの代数学 3.ヴィエトからデカルトへ 4.ガロアの先輩達 他.
第局堯〃押。検ソ藉の群論 9.リー群のリー代数
第敬堯‖綽堯並晋鬼帖10.代数の発見 11.代数の構造
書籍の検索
書名に を含む
または   かつ
著・訳・編者名に を含む
[前のページに戻る]
価格は消費税別です
TopPage 新刊書の御案内 月刊理系への数学 書籍の検索 注文の仕方 常備書店の一覧 書籍関連
LINK
Copyright 2000-2008 Gendai-Sugakusha. All rights reserved.