最小二乗法の歴史
安藤洋美 著
ISBN978-4-7687-0218-5
A5判 / 240頁 / 3,500円 /

分類 : 統計  在庫状況 : 有
 最小二乗法は,実験データの処理をはじめ統計学にいたるまでの広範な分野で,実践的に活用されてきたジャンルである.本書は,数学史自体としての価値はいうまでもないが,さらに最小二乗法の理解を側面からバックアップする役割をも果たす.問題として作成された人工例でなく,実際の生きた数値例を伴った資料による具体的な理論史である.実験データの処理に苦闘する学生諸子から,数学史に関心をもつ方々まで,広い読者層を想定している.



1.前史 2.18世紀前半の観測誤差論 3.18世紀後半の観測誤差論 4.18世紀大数学者たちの研究 5.ルジャンドル 6.アドレイン 他.
書籍の検索
書名に を含む
または   かつ
著・訳・編者名に を含む
[前のページに戻る]
価格は消費税別です
TopPage 新刊書の御案内 月刊理系への数学 書籍の検索 注文の仕方 常備書店の一覧 書籍関連
LINK
Copyright 2000-2008 Gendai-Sugakusha. All rights reserved.